*

新車バス

Jバス スーパーハイデッカ 2台 H29年2月21日に導入しました!

最先端の安心・安全から生まれる、最高のおもてなし。


■安全性能
・車線からの逸脱を検知し、警報によって注意を喚起する「車線逸脱警報」を採用
・渋滞末尾等の低速走行車に対する衝突回避支援機能をPCS(衝突被害軽減ブレーキシステム)に新搭載
・「ドライバーモニター」「車両ふらつき警報」は、PCSと連携して危険警報制動を行いドライバーの前方注視を促進
・ドライバーの前方不注意状態を検出し、警報を発する「ドライバーモニター」採用
走行中のドライバーの顔の方向や眼の状態をモニターカメラが常時確認。前方注意力不足の検出時には 警報音で警告します。さらに衝突の可能性が高まるとPCSが早期に作動します。

■快適性能
・「おもてなし」の気持ちをカタチにする。機能性と安全性で乗り降りをサポート。
・車内を有効に活用、大容量荷物収納。くつろぎとやさしさで包み込む、室内照明。地上波デジタルチューナー採用ワイドモニター。
ハイグレードタイプシートで、居心地はファーストクラス。
高濃度のプラズマクラスターイオンで室内の空気をきれいに維持する除菌イオン発生装置を用意。

■環境性能
ポスト新長期排出ガス規制に対応。フルオートエアコンで騒音や大気汚染の低減などを追及。 エンジンで使った空気は汚さずに自然に返し、地球にきれいな空気の循環を保つことを目指して作られています。



2017.02.21 交通安全祈祷 諏訪大社