Ken Follett

The Pillars of the Earth
 topへ
   The Pillars of the Earth
    by Ken follett  SiGNET BOOK

翻訳本『大聖堂』は3冊本なので、始めて、ケン フォレットを読むには、大部すぎるので、もっと簡単なものからと思って、
The Pillars of the Eartという本を注文したら、実はこれが
『大聖堂』の原本であった。

頁数は991頁:行き掛かり上これを読むことにする、並行して読んでいる本も数冊あるので、その隙間を縫って、少しずつ読むことにする。

この作品の続編が2つもあることが分かった。

2024・6・5

フォレットの大聖堂シリーズは3種類あります。
これから読まれる方は、要注意です。
邦訳はいずれも文庫版3巻。
 原書(邦訳タイトル)  出版年  翻訳者  翻訳の出版社
 ①The Pillars of the Earth
『大聖堂』
 1989  矢野浩三郎  ソフトバンク
クリエイティブ
② World Without End
『大聖堂 果てしなき世界』
 2007 戸田裕之  同上
 ③The Evening and Morning
『大聖堂 夜と朝と』
 2020  同上  扶桑社

図書館から邦訳3種、文庫本庁中下の3冊の上巻のみ借り出してみました。(右図)いずれも、巻頭に登場人物表が付いています。(これが翻訳書の良いところ)

これら3作は、時代、場所、人物は異なるようですが、がどのような関係にあるか知りません。


  2024・6・19
 

   Prologue

時代・所:1123年、イギリス南部の町での絞首刑の現場の一場面。金の眼をし、妊娠した女が、祭司、騎士と修道士に呪いをかけて去る。

Rart One   1135-1136

Chapter I

大聖堂の建設を夢見る石工のTom,妻のAgnes,息子のAlfred,娘のMarthaの四人が、仕事を求めて、旅をするところから始まる。財産の豚を途中で盗まれると事件などあり、話は飽きない。なんといっても12世紀のイギリスに降り立ったような気分にさせられ楽しい。

英文は易しく、時々辞書を引くのもまた、楽しい。
  以上3節まで。
    2024・6・6
 
彼らはいまSalisburyに着ている。

エピグラムは、1120年、ヘンリー一世の一人息子を海難事故(White Ship事件)で
失うことが述べられ、後継者問題が生じていることに触れている。
この物語の時代背景を象徴?


あらすじは
https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82+%28%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E5%B0%8F%E8%AA%AC%29_%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82+%28%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E5%B0%8F%E8%AA%AC%29%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81
   Ⅳ 冬が早くやって来た。仕事なく、飢えと寒さに苦しむ。
森の中でのAgunesの出産と死。エレンとの再会。

とてもリアルに描かれていて、これだけでも、十分楽しめたし、千ページ近い大著を読むことになりそう。~85頁

  2024・6・8

Chapter 2
 イギリス兵によって、父母を殺された、フィリップとフランシス兄弟が登場します。共に修道院で育てられ,兄は修道士として集世、弟は貴族に使える。王位継承の争い
フィリップが中心に修道院の様子が、修道院長選出に向けて、リアルに描かれます。
修道院の土地所有の形態、院長選出のプロセスなどもわかります。

  2024・6・22

Chapter 3

この章は、波乱万丈、大衆娯楽小説かと思う程であるが、細密な描写と構成で読ませる。

 豪族ハムレイ家(主人パーシー、妻、リーガン、息子ウイリアム)
貴族シャーリング伯、娘アリエナ。
  両家の縁談破棄から、武力衝突に及ぶ。戦乱の逐一が描写されている。
これに、トム一家の面々が噛んでくる。職を得ることなく、放浪を続けることになる。

 背後の王位継承に関する陰謀がある。

  2024・6・28
 修道院の階級、決り、など具体的にわかる。
訳本を借りてきた機会に、、修道院用語の翻訳をチエックした。

 sacrist   聖具係
 curcuior  規則係
 cellarer   供給係
 Kitchener  厨房係
 guestmaster 接待係
 imfirmarer  看護係
 almoner    慈善係
 treasurer   宝物係
 chamberlain  被服係
 cantor    聖歌係
 
   Chapter 4

トムたちはキングスブリッジ聖堂に辿り着くのであるが、ここでも職を得ることが出来ないことが分かった。
ジャックは聖堂が燃えれば、仕事にありつけると、考え、放火する。

その生々しい状況を細部描写していくのであるが、聖堂の構造に関する語彙など難しく、半分は翻訳を読んだ。

ハードボイルド小説の迫力のある章である。

 悪役を演じるウオールラン、リミジアスを適当に配置し、伴侶のエリン、前の妻アグネスへの思い出・・・
心理描写も伏線をうまく回収しながら進める見事なプロットも申し分ない。

  2024・7・19


 協会内部の構造の図解が欲しい
これなくては、この章の生き生きとした描写は十分に理解できない。

  
   Rart Two  1136-1137