ショージ君のアイコン物語 
そのA

  


           
 
 「あの〜ちっくと、すみや〜せん
  
「はい?」
  
「雷門はどっち行ったらえいですろ?」
  「あら、もうすぐそこよ、連れてってあげるわ」
 
 「すみや〜せんね」
  
「観光ですか?」
  「会議に出席しちょったけんどねぇ、済んだきぃ、これから観光するがよぉ」
 
 「東京はよくくるの?おじさん、どちらから?」
  「高知から来ちゅうがよ、東京へは初めて来ちゅう」
 
 「コウチ?コウチってどこ?」 
  「ええと 土佐の高知やか。四国の高知。なぁ〜んごぉ〜く、とぉさぁのぉ〜♪の高知」
  
「あら、わかったわ、坂本龍馬の高知ね」
  
「そ、それよえ」
  
「それで、おじさんのそれって、高知の言葉?」
  「そう、そうやか。ほりゃぁ、よう言われるけに。昨日の会議の時もごじゃんと笑われ
   しもうたけんねぇ」
  
「普通、会議なんかの時は標準語よね、でも、いいわ、方言てぇ なんとなくいいわぁ。
   気にしない気にしない ねッ おじさん」

  「ありがとう。けんど、ちょっと待っとおせ、ピピパパパピプピプガガガピピピピピガガ…
   ………。やっぱりイカンようやか。ここんとこ 標準語バ〜ジョンへの切り替えが
   みょうにいかんようやか…」
 
 「あら、油が切れてんじゃあないの?」
  「あっそうか!油か そうかもしれ。電子回線かと思ったがやけんど、そうよ、油かぁ」
 
 「きっとそうよ、油よ 油」
  「浅草。油売っちゅ〜ろ〜か?」
 
 「そうね、それッてミシン油ね、売ってるんじゃぁない?一緒に探してあげる」
  「お嬢さんは よお〜ご存知やきに、坂本龍馬知っちゅう〜きに、先ばぁ ちっくと驚い
   ちょったけんどね。今度はミシン油ちゅうけん、しょ〜げにまっこと、すごいぜよ〜」
  「はははは〜。照れちゃう」
  「ははははは〜照れんでもええぜよぉ〜、あはははははは…」
  
「じゃ、ミシン油屋さんに行こ行こ!、ねっ、行こ行こ」
  「あぁ、ほりゃぁ、しょうえい。一緒に行っとせいや」



        
高知弁がよく分かる方、私のこの高知弁、ぜんぜん自信がないんです。
「こりゃあ、どうしてもおかしいぜよ」、というところを直していただけませんか?
お手数ですがメールいただけませんか?よろしくお願いします。ショージ