清風書道
トップ 書道掲示板
トップ書道教室書道通信教育講座書道資格認定試験書道教育講座書道手本サイトマップご案内書道セット

8. 作詩コーナー 

アクセス数: 4596
お名前: (必須) ペンネーム可
タイトル: (必須)
メールアドレス: (任意) 非公開
パスワード: (必須) メッセージの削除用。半角英数4桁。
投稿パスワード: (必須) 取得方法はトップページを参照。
メッセージ:
  
初次見面。お気軽に投稿して下さい。

メッセージ総数: 29
29) 漢詩のみの学習
 事務局 2005年 8月 3日 10時17分47秒
清風会の漢詩(中国詩)だけを勉強したいという方が、時々入会を希望してきますが、清風会の漢詩は、「書道」の余技としての作詩ですので、専門に漢詩を学ぼうとする人の漢詩コーナーではありません。

ですから、特に「漢詩の部」というものは設置していません。

また、漢詩も、半折(条幅)の書作品として書き易い「五言絶句」の学習から始めますので、「七言絶句」や「律詩」などは、「五言絶句」の学習が終わってから、第二段階として、随時、個人的に勉強して頂くことになります。

従って、以上の通り、書道学習のご入会は歓迎いたしますが、漢詩のみの学習を希望される方の入会は無理かと思いますので、ご了解下さい。

28) 見古松于雪中賦感慨
 松克堂 2004年 1月 26日 16時12分43秒
瑤華密密四無聲(瑤華 密々として 四もに聲なく)
一白漫漫傾刻生(一白 漫々たるは 傾刻に生ず)
底事孤松峭峻立(なにごとぞ孤松 峭峻として立つ)
試尋思此極研精(試しみに思いを尋ねん これ研精を極むるやと)

27) 作詩発表
 木村東道 2002年 3月 30日 22時49分17秒
 「かとれあ書芸社」会員の一名の作詩を発表します。「風軽」が、課題ですので、詩中に「風軽」の語を入れます。
作者名は、今回は、雅号を載せることにしました。以下の通りです。 
 この詩に対するご意見がありましたら、漢詩コーナーでメールーセージを頂き
たく存じます。
 尚、「かとれあ書芸社」の次の課題は、「煙霞」です。五言絶句で仄起式、平
起式を問いません。但し、超初心者の課題ですから、平仄式は、例外を用いないようにしましょう。皆さんも作って下さい。
******************************************************************
作者「春逕」 題名「風軽」 韻「8庚」 A起式 
作詩日時「平成14年3月23日」

[本文]
   ●● ○○●
1  踏草 春郊路
   ○○ ●●◎
2  風軽 万里晴
   ○○ ○●●
3  光陰 如逝水
   ●● ●○◎
4  苦楽 笑相迎
[訓読]
1  草を踏む、春郊(しゅんこう)の路(みち)、
2  風軽く、万里晴れたり。 
3  光陰、逝く水の如し、
4  苦楽、笑って相迎えん。
******************************************************************
[私見]1「起句」、2「承句」は、春の光景が目に浮かぶようです。
3「転句」も問題がないと思います。4「結句」でよくまとまっていると思います。

26) 作詩発表
 木村東道 2002年 3月 24日 0時26分11秒
 今回も、かとれあ書芸社の教室の漢詩講座の参加者の作詩を2
点発表します。取り敢えず、平仄と脚韻に間違えのないものを選
びました。
 今回はの課題は、詩中に「緑樹」の語をいれることになってい
ます。
 作者名は、雅号のみ掲載します。
******************************************************
1、題名「春意」・A起式・韻「一先」・作者名「松霞」

●● ○○●
緑樹 春風度    緑樹、春風度(わた)り、
○○ ●●◎
山青 萬象妍    山、青くして、萬象妍なり。
○○ ○●●
親交 聊托酒    親交、聊か酒に托せば、
●● ●○◎
好哢 酔陶然    好哢(鳥の好いさえずり)、酔いて陶然た
          り。 

[批評]
 滑り出し好し。結句で「酔陶然」といいますが、「好哢」が上
にあると、「その鳴き声に酔う」にとれます。しかし、転句に
「聊托酒」があるので、やはり、其の「酒に酔う」にとれます。
とすると、「好哢」が宙に浮きます。
 もう少し当たり障りのない語に交換してみたら如何でしょうか。

******************************************************
2、題名「朝辞」・C起式・韻「五歌」・作者名「春徑」

○○ ○●●
朝辞 春色裏    朝に辞す、春色の裏(うち)、
●● ●○◎   
緑樹 鳥声和    緑樹、鳥声に和す。
●● ○○●
畢業 青雲志    畢業(卒業)す、青雲の志(若者たち)、
○○ ●●◎
交觴 為爾歌    觴を交(かわ)して、爾(君)が為に歌う。

[批評]
 後半は好いでしょう。しかし、やはり、「緑樹」が引っかかり
ます。
 起句は、「春うららか」ですが、春の「緑樹」は、夏の「緑樹」
とは異なり、「さむい」「冷たい」「日陰」の印象が強いと思え
ます。
 とすると、「鳥声和」がしっくりこない気がしますが、如何で
しょうか。
**********************************************************************

25) 漢詩は美の世界!
 つる 2002年 3月 9日 0時50分13秒
春のさきがけを秘めての漢詩を拝読いたしまして
もう私の心は春爛漫になりました。そして
作詩コーナーにお邪魔することが、とっても楽しみになりました。

また、会長の回答欄では文法の機微を学ぶことができました。

清風誌の最終ページにも毎月漢詩講座が掲載されております。
すぐに出来なくても一歩一歩学習を致しまして、私も
お仲間にさせて頂きたく思います。

24) 作詩発表
 木村東道 2002年 2月 28日 16時37分52秒
かとれあ書芸社の作詩から、「平仄」と「韻」に誤りがないものより、4
名の作詩を発表します。課題は、詩中に「梅花」の語を入れます。

作者名は、前回同様「山田花子」の場合は、「YH」としました。
***************************************************************
1、作者「OY」 題名「梅花」 韻「5微」 五絶A起式

●● ○○●
処処 梅花綻   処々、梅花綻び、
○○ ●●◎
辞寒 北雁帰   寒を辞し、北雁帰る。
○○ ○●●
春来 詩未就   春来りて、詩、未だ就らず。
●● ●○◎
暖日 閉柴扉   暖日、柴扉を閉ざす。
**************************************************************
2、作者「FK」 題名「立春」 韻「7陽」 五絶C起式
○○ ○●●
梅花 春信早   梅花、春信早し、
●● ●○◎
日暖 好風光   日暖かにして、風光好し。
●● ○○●
緩歩 求新句   緩歩して、新句を求むれば、
○○ ●●◎
幽香 夢故郷   幽香に故郷を夢む。

**************************************************************
3、作者「NS」 題名「喜春来」 韻「10灰」 五絶C起式

○○ ○●●
梅花 窓外視   梅花、窓外に視れば、
●● ●○◎
艶蕾 一時開   艶蕾、一時に開く。
●● ○○●
此処 東風暖   此の処、東風暖かく、
○○ ●●◎
清馨 入袖来   清馨、袖に入りて来る。
**************************************************************
4、作者「AS」 題名「紅梅」 韻「12侵」 五絶C起式

○○ ○●●
梅花 深得趣   梅花、深く趣を得て、
●● ●○◎
麗日 囀春禽   麗日、春禽囀る。
●● ○○●
古寺 先人墓   古寺、先人の墓。
○○ ●●◎
聞香 世外心   香を聞けば、世外の心。
**************************************************************

23) 御礼
 ハーカーズ 2002年 2月 18日 15時39分24秒
会長へ:

 ご回答を頂きまして、ありがとうございました。
大変よくわかりました。

22) 回答
 木村東道 2002年 2月 18日 9時49分56秒
22) 回答
 木村東道 2002年 2月 18日 9時41分2秒
ハーカーズさん:遅くなりましたが、ご質問のみに限定して、
お答えします。

結論からいいますと、「首歳」と「迎春」の意味は重複してい
ません。「首歳」は名詞で、「孟春」「開歳」と同意義です。
時間を意味する語です。
ここでは、作者は、[年の初め]の「元旦」といいたいのだと
思いますが、厳密には、「孟春」は、旧暦の一月を指します。

一方、「迎春」は、「迎」(動詞)と「春」(名詞)で出来た
「句」で、動詞として使用されます。意味は「春を迎える」で
す。
この他、名詞の意味は、 峅梅花」(モクセイ科)、「コブ
シ」「レンギョウ」などの植物名、地方によって使い方が異な
ります。また、⇔春の日の「春を迎える祭」の名称などがあ
ります。

私見を述べさせて戴きますと、日本人が「正月」という意味で
使用する「名詞」の「迎春」は、単に漢字を使った日本語で、
中国語ではありません。
漢詩は、中国詩ですから、原則として、現代古代を問わず中国
語の用法に従うべきだと思います。
ここでは、「迎春」を「春を迎える」と読ませていますので、
問題はありません。

21) 質問です
 ハーカーズ 2002年 2月 15日 10時43分52秒
「首歳」と「迎春」は、意味が重複してもったいないように感じますが、
問題ないのでしょうか?

何も知らないで質問しておりますので、ご無礼をお許し下さい。

20) ご意見をお待ちです。
 木村東道 2002年 1月 21日 21時29分39秒
発表した「作詩」に対するご意見をお待ちしています。宜しくお願いいたします。

 (もっと古いメッセージを見る)

  番から メッセージ分の表示に更新します。
  番のメッセージを削除します。
削除するには、パスワードが必要です。パスワード
  という語を含むメッセージを表示します。戻すときは「更新」。
  メッセージの一覧を表示します。戻すときは「更新」を実行して下さい。
トップ

春藍書道教室飛山書道教室東仙書道教室藤沢北書道教室長野町書道教室蘇水書道教室
Copyright(c) SEIFUUKAIHONBU Inc. 2001-2017 All rights reserved.清風会本部/代表 書家 木村朱炎